親との関係ってどう?

『宿命生年天中殺』

生まれ年の干支が天中殺となっている宿命です。
年の干支は北と東。北は父親の場所、東は母親の場所です。(占い師にならない限りあまり理解する必要はありません)
そこが天中殺現象になるので、生年天中殺の特徴はまず、親との関係に現れるのです。
必ずしも親との縁が薄くなると決まったわけではありません。
潜在天中殺との複合作用もあるので、基本的に親との関係がスムーズにいかないなどの現象がおきます。
また、東は現実のスタート、仕事、社会の場所です。
気持ちをまとめ上げる部分、現実のスタートの部分、仕事の在り方などに現象がでる可能性があります。
カウンセリングをしていると、親子関係がどうもうまくいかないという悩みはしょっちゅうあります。占いを始めて、「あーやっぱりね!」と宿命生年中殺の場合が多いですね・・・
占いでいいのはそれ以上悩む必要はないんです。親が悪いから、自分が悪いからではなく、
宿命で決まっているんですから。気づくと意外にあっさりするのがこの宿命生年中殺かもしれませんね!

ブログ宿命に気づくカテゴリーの記事